坂下組
会社概要
施工実績
採用情報
お問合わせ


2020/4/1(水曜日)

尾平トンネル 現場報告10〜完成〜

カテゴリー: - hyuuga @ 11:36:49

椎葉村で約2年間工事を進めてきました尾平トンネル(1工区)工事が完成しましたので報告します。

尾平トンネルは全延長1,751mあり、そのうち1,028mを1工区工事として、坂下・山崎・河野JVで施工しました。

銘板の美しい文字は、椎葉小学校の生徒さんに書いて頂きました。

今回1工区の工事は完了しましたが、現在2工区工事が他JVによって進められています。
情報によりますと2工区工事も順調に進み、先週には無事貫通もしたそうです。

供用開始は、もう少し先になりますが、尾平工区全体の整備が完了しましたら、ブログで報告したいと思います。

工事を担当した坂下組のM主任・I主任、山崎産業のY主任、河野建設のN主任、お疲れ様でした!!!

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村 新年度スタート!
今年度も気合いを入れて頑張って行きますので、今日もポチッとお願いします。


2020/2/26(水曜日)

尾平トンネル 現場報告9

カテゴリー: - hyuuga @ 09:23:42

今日は椎葉村で施工中の、尾平トンネルの現場報告をしたいと思います。

現在、尾平トンネルでは、最後の工程となるトンネル内のコンクリート舗装工事を行っています。

トンネルの中の舗装は、ほとんどがコンクリート舗装となります。
コンクリート舗装は一般の道路のアスファルト舗装に比べ、少々割高となるのですが、
コンクリートは耐久性があり、たわんだり陥没したりしません。また色も白く、暗くなりがちな
トンネル内を明るく保つ効果もあります。

コンクリート舗装は、生コン車で運搬してきたコンクリートをスプレッダーと言う機械で均等に広げます。

これは、お好み焼きで使うようなヘラを機械の下に付けて、クルクルと回転させたり前後させたりして、
コンクリートを均していきます。
この機械のオペレーターの腕次第で舗装の出来が左右されます。それくらい重要な役目を持っています。

その後、コンクリートフィニッシャーで精密に高さを調整し、

大きなコテのついた仕上げ機で表面を平らにしていきます。

このような一連の作業ですが、やはり最後は、人の手で入念に仕上げて行きます。

コンクリートはほぼ一日で固まりますが、固まってからは膨張収縮を繰り返すため、表面にクラックが
発生しやすくなります。
その為、コンクリートがある程度固まったら、カッターで舗装表面を切ります。

これで膨張収縮によるクラック発生が抑えられます。

また道路中央には、誘発目地と言って、クラックを発生させる三角形の木の棒を敷いていきます。

これは、コンクリートの膨張収縮の圧力を一点に誘導させる役割を果たします。

その後、目地材を注入しラインを引いたら、コンクリート舗装完了となります。
工事全体が完了しましたら、また報告をしたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村 あっ!最後にポチっとお願いします。


2019/12/25(水曜日)

粟野名井堰 現場報告

カテゴリー: - hyuuga @ 16:54:31

メリークリスマス!
平日のクリスマスとなりましたが、皆さんはどのように過ごしましたか。今年も残すところ1週間となり、
何かと慌ただしく毎日が過ぎて行きますが、くれぐれも体調などを崩さぬよう、気を引き締めて過ごしていきたいですね。

さて今日は、延岡市粟野名で施工中の、粟野名井堰(あわのみょういせき)の現場報告をしたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村 粟野名(あわのみょう)と読みます。あっ!今日もポチッとお願いします。

この現場は、ちょうど祝子(ほうり)川と蛇谷川の合流地点にあり、両川ともに出水時には暴れ川となり、
怒流が渦巻き井堰に、大きなダメージを与えています。

放っておくと流出し、さらにこの地域に大きな水害をもたらす危険性があります。
今回は、その井堰の補強工事を行っていきます。

まずは仮設道路を造る為に、ブロックの撤去を行いました。

仮設道路を整備し、重機を搬入しました。

2mほどの井堰のコンクリート版にダウンザホールと言う機械で穴を穿ち、

鋼管(Φ700)をバイブロマシーンと言う振動する機械で打ち込みます。


1本10mほどの鋼管を3本つなぎ、地中深く打ち込みます。

この杭を施工することにより、井堰の流出は抑えられ、将来的に安定したものとなります。


2019/12/18(水曜日)

加草アンカー 現場報告3

カテゴリー: - hyuuga @ 16:26:40

今日は門川町で施工中の、加草アンカー工事の現場報告を行いたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村 あっ!まずはポチっとお願いします。

アンカーを岩盤まで打ち込んだら、それを引張り地山に固定する作業を行います。

アンカーを引っ張る為に、コンクリートで作った2.4m×2.4m×0.5mの鉄筋コンクリート製の受圧板を設置します。

地中のアンカーを引っ張って、

この受圧板にそのアンカーの端部を固定します。

そしてアンカーと受圧板の定着部には腐食防止の為、グリースと言う油を充填します。

この山は小さく地すべりを起こしていることから、水みちがあると思われ、それを抜く水抜きボーリングも行いました。

今後、側溝を布設し舗装をしてこのアンカー工事は完成となります。


2019/11/6(水曜日)

加草アンカー 現場報告2

カテゴリー: - hyuuga @ 16:59:06

今日は先週の続きで、門川町で施工中の加草アンカー工事の現場報告をします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村 あっ!まずはポチっとお願いします。

アンカーを法面から引っ張る土台として、受圧板を造ります。
受圧板にもいろいろな種類があって、金属でできたものや、工場で作ったコンクリート製のものもあります。
それは受圧板にかかる力の大小によって違います。
この現場では、現場打ちの受圧板を造りました。


2.4m×2.4m×0.5mの受圧板で、約6.5tになります。これをクレーンで吊上げ所定の位置に据付ます。

その後アンカーを引っ張り法面を固定します。その様子は、また次回報告します。


28 queries. 0.095 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 

社員ブログ  
社員ブログ
弊社の社員が日々の気付きを感じたまま更新しています。
ぜひチェック!


社員ブログ  
書式ダウンロード
労務関係の書式ダウンロードはこちらから
2020年 7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  


株式会社 坂下組 宮崎県小林市細野391番地1 TEL 0984-23-3333
お問い合せ: 宮崎本社 宮崎県宮崎市広島2丁目10番16号 TEL 0985-22-6185
Copyright(C) Sakashitagumi co.,ltd. All rights reserved.
お知らせ 社員ブログ 社員専用