坂下組
会社概要
施工実績
採用情報
お問合わせ


2017/5/17(水曜日)

鹿野遊集水井戸 現場報告3

カテゴリー: - hyuuga @ 13:25:16

今年の2月より施工していました、椎葉村の鹿野遊集水井戸の現場もようやく完成しました。

この工事は、地すべりが想定される箇所に、直径3.5m、深さ15mの集水井戸を掘り、
地すべりの原因となる地下水を抜く工事です。


その為に、井戸より地すべり面に向かって集水ボーリングを放射状に設置します。
全部で26本、3段で行いました。
また、井戸からはその水を排出するために、排水ボーリングを設置しています。

なかなか水脈に直接当たることは難しいのですが、徐々に水の道ができ、排水できるようになります。
これにより、滑り面の摩擦抵抗が高まり、また排水することで、水の重量も除くことができ、
地すべりを抑えることができます。

最後に、集水井戸の周りにフェンスを設置する工事が残っていますが、
メインの工事は無事完了しました。

これにて鹿野遊集水井戸の現場報告を終えます!と言いたいところですが、
最後に、こちらの現場で使用した重機で、見た目が少しユニークな重機を紹介させてください!

この重機は、カニクレーンと言う、小型のクレーンです。
足を自由に曲げたり伸ばしたりできるため、狭いところで活躍します。

その名の通り、カニの足のような特徴を持った重機ですが、なんだか愛嬌があって可愛いですね(笑)

完成検査を迎えるまでは、まだまだホッとできないかもしれませんが、
現場を担当したO生主任、お疲れ様でした!

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村
あっ!最後にポチっとお願いします。


2017/1/26(木曜日)

郷之原大藤改良工事 現場報告

カテゴリー: - sakashita @ 17:30:56

皆さま、お疲れ様です!

ここ何日か連続で出勤時にフロントガラスが凍っていて、バタバタな朝になってしまいます(>_<)

朝は時間がないという方は多いと思いますが、急いでいる時こそ交通安全にもお気をつけください。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村 あっ!今日もポチっとお願いします

さて、今日は郷之原大藤改良工事の現場見学へ行ってきました。

北郷の高速道路を施工途中ですが、近くで現場を見ることができ、何もなかったところに道ができるということはすごいと改めて思いました。

完成したら何気なく利用することが多いと思いますが、この施工途中の現場写真と見比べて通ってみてもおもしろいかと思います!

今回はもうひとつ、ユタカ工業さんの最新のICT技術の機械を見せていただいたのでご紹介したいと思います。

この機械は、3DCADのデータを直接取り込み、建設機械の作業装置の位置・標高をリアルタイムに取得し、自動化するものです。
ミリメートル単位の精度を持っているとの事で驚きです!

作業時間の短縮や少人数での施工も可能になり、これからもっと活躍してくるでしょうね。
建設業がこれからどんなものになってくるかも、また楽しみです。

今週も終盤になり、疲れが溜まっている方が多いと思いますが、頑張っていきましょう!


2016/12/7(水曜日)

佐土の谷下部工 現場報告1

カテゴリー: - hyuuga @ 16:04:00

今日は、椎葉村で施工中の佐土の谷下部工の現場報告をしたいと思います!

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村あっ!まずはポチっとお願いします。

この現場は、国道327号の椎葉村と諸塚村の村堺にあります佐土の谷工区の非常に狭い個所を改良する工事です。

道路の線形と幅員を改良して車が走行しやすくします。
佐土の谷工区の工事の中で、当社は橋台工事を担っています。

現在は、工事をするための仮設桟橋(鉄で造った仮設の橋)を造り始めました。

この工法は、以前にも何度かブログで紹介したことがありますが、まず桟橋を支えるH鋼を建てる作業から始めます。

H鋼を建てるには、ダウンザホールという機械を使用し、岩を砕いて穴を掘り建て込みます。

現在は、工事の初期段階ですが、約1年間の長い工期の工事となりますので、
完成まで随時ブログにて報告していきたいと思います!


2016/5/18(水曜日)

宮崎海岸突堤 現場報告1

カテゴリー: - hyuuga @ 15:50:43

今日は、宮崎市で施工中の宮崎海岸突堤の現場報告をしたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村 あっ!まずはポチっとお願いします。

この現場は、流出した一ッ葉海岸の砂浜を取り戻すための工事です。
160518_04.JPG

岸から沖に向かって50mの突堤を構築し、海流の方向を変えて岸壁に砂を堆積させます。
まず、海底にマット(アスファルト性、布性)を敷き、その上に岩石、コンクリート塊を投入し、
突堤を造っていきます。
このマットは、海流により砂が洗掘され、せっかく造った堤防が壊れるのを防ぐ役割があります。
岩石・コンクリート塊を堤防のように整形し、表面をコンクリートブロックで保護して完成となります。

現在、コンクリート塊を投入している所です。
160518_01.JPG

この石を掴んでいるバケットは、通称『オレンジ』と言います。
160518_03.JPG 160518_02.JPG
ミカンの房に見えることから、このように呼ばれています。
バケットも色々な形があって、砂をすくう物、岩石を掴む物等、用途によって色々あります。

この現場は、一ッ葉有料道路の休憩所がある海岸で工事を行っています。
写真を見て頂ければ分かるように、非常に天候に左右される工事で、
なかなか思うように施工が出来ない日もありますが、残り2ヶ月を切り、着々と完成に向かっています。

また完成した際には、ブログで報告したいと思います!!!


2013/3/13(水曜日)

竹名トンネル現場報告3

カテゴリー: - hyuuga @ 16:16:16

竹名トンネルではいよいよ掘削工事が始まりました。

前回までのブログはこちら

竹名トンネル現場報告1 
竹名トンネル現場報告2

 にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村 あっ!まずはポチっとお願いします。

この写真は、掘削開始前に鋼製支保工4基建て込んだところです。
130313_01.JPG

この上にキーストンプレート(波形の鉄板)を張り付け、吹付をして、いよいよ掘削開始となります。
最初の内は山が柔かいので、油圧ブレーカーと呼ばれる機械で掘削をしていきます。
130313_02.JPG

130313_03.JPG

通常のブレーカーは、下方向や横方向の岩、コンクリートしか破壊できませんが、トンネルで使われる
ブレーカーは、トンネル内が狭い為、ブーム(腕)が短く、上向きにも作動し、天井部の岩も割ることができます。
そして1m掘り進んだら、鋼製支保工を再び建込み、手前の鋼製支保工と繋ぎ、吹付をしロックボルトを設置します。

吹付の様子
130313_04.JPG

130313_05.JPG

ロックボルト設置の様子
130313_06.JPG

この作業サイクルを1mごとに行い、トンネルを掘り進めていきます。
山の固さにより、1サイクルが1mから1.2mになったり1.5mになったりするそうです。

写真を見ていて、トンネル坑口の上に置いてある木に、皆さんお気づきですか??
130313_07.JPG

これは 化粧木(けしょうぎ) と呼ばれるものです。形は伊勢神宮御本殿の屋根の飾り木を模倣して
あります。山の神に対する敬虔(けいけん:敬い、つつしむこと)を表しています。
化粧木の右(根元部)には天照大神、左(木先部)にはウブヤフキアエズの命(神武天皇の父親)を祭るとされています。

そして、竹名トンネル現場にも春の気配が!
130313_08.JPG 130313_09.JPG

トンネルを掘っている山に山桜が咲いていたそうです。春の訪れと共に、竹名トンネル工事も着々と進んでいます!!


29 queries. 0.058 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 

社員ブログ  
社員ブログ
弊社の社員が日々の気付きを感じたまま更新しています。
ぜひチェック!


社員ブログ  
書式ダウンロード
労務関係の書式ダウンロードはこちらから
2018年 2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  


株式会社 坂下組 宮崎県小林市細野391番地1 TEL 0984-23-3333
お問い合せ: 宮崎本社 宮崎県宮崎市広島2丁目10番16号 TEL 0985-22-6185
Copyright(C) Sakashitagumi co.,ltd. All rights reserved.
お知らせ 社員ブログ 社員専用