社員インタビュー

ホーム >  採用情報 >  社員インタビュー >  建築部(施工管理)O.S

仲間と共に「何が起きても何とかする」の精神で

建築部(施工管理) 平成24年4月入社
主なプロジェクト
  • アミュプラザみやざき(宮崎県宮崎市)
  • MARK IS 福岡ももち(福岡県福岡市)

インタビュー

仕事内容と全般的な流れ

建築部で施工管理を務めています。与えられた設計図の通り建物を造り上げていく、その工程を管理する仕事です。
プロジェクトが決まると、まず一緒に作業を行っていただく協力業者の選定から始まります。決められた予算の中で最大限良いものを造っていただけるパートナーを見極めなければいけません。
そして、工事が始まると、日々、お客様や設計担当の方々との打ち合わせを行い、その内容に沿って、必要な指示を職人さんに出したり、予定通りに工事が進んでいるかどうかのスケジュール管理などを行っています。

仕事の大変なところ

一点目は、朝早いところでしょうか(笑)。朝礼を8時に始められるよう、少し早めに現場に向かうので、遠い場所になればその分早起きが必要となります。
二点目としては、学生時代に勉強してきた知識だけでは上手くいかないところです。その場その場で直面する課題が違うので、現場では、知識量だけでなく、どれだけ肌で感じて経験を積んできたかが重要だと感じています。

仕事のやりがい・魅力

坂下組の場合、工期が半年から一年半程度の工事が主なのですが、足場を解体し、それまで自分の頭の中で思い描いてきた建物が実際に目の前に現れた瞬間が、一番感動します。我ながら「おお〜っ」と唸りますもんね(笑) 。工事完了後、自分が携わった建物に立ち寄ることもありますが、その時はやっぱり嬉しい気持ちになりますよ。

仕事上で成長できてる点

現場では、幅広い年齢層の方々が働いていますが、施工管理という立場上、年上の職人さんにも指示を出さなければなりません。そのため、工事が円滑に回るように、日頃からこまめに声をかけて、信頼関係を築くことを心がけています。そういった部分でコミュニケーションスキルは身に付いたと実感しています。
その時に気をつけている点は「分かってもらえるように話す」ことです。伝え方一つで、相手の捉え方も違ってきますから。

仕事を始めたころの不安

新しい現場が始まるときは、いつも「このプロジェクトが自分で務まるのか」という思いはなくはないです。ただ、それを不安で終わらせるのではなく、「やってやろう」という気持ちに変換しています。坂下組には信頼できる仲間がいますので、「何が起きても何とかする」の精神で新しいことにチャレンジできますよ。

Q&A

どんな職場ですか

・大手ゼネコンに引けを取らないようなスキルが身につく。
・どんな課題に対しても答えを持っている会社。

職場の好きなところ

世代問わず仲が良いところ。

休日の過ごしか方

キャンプ/ゴルフ/サイクリング/スキューバーダイビング/ゲーム etc.

今後の目標

建築現場管理に、ハイテク技術を導入していきたい。

坂下組について 事業紹介 工事実績 お知らせ 採用情報 社員BLOG 資料ダウンロード お問合せ