社員BLOG

ホーム >  社員BLOG >  カヌレというお菓子

カヌレというお菓子

投稿日:2019/08/01

皆さんはカヌレをご存知でしょうか?

 

あっ!まずはポチっとお願いします。

 

カヌレとはフランスの伝統的な洋菓子で、正式名称は「カヌレ・ド・ボルドー(cannelé de bordeaux)」です。

カヌレには「溝の付いた」という意味があり、見ためそのままのネーミングですね。

発祥は、ボルドー地方のワイン造りがきっかけらしく、ワインの澱(おり)の除去に卵白を使用する為、卵黄ばかり残ったそうです。 卵黄を捨ててしまうのはもったいないと言う事で、利用方法を考えた結果、カヌレができたそうです。

そんなカヌレですが、先日までは、私の中で美味しくない食べ物に分類されていました。

と言うのも、数年前に、初めて食べたカヌレが、外側はカチカチに固く、内側も固くパサパサで私の苦手な食べ物系だと認識し、 それ以降1度も食べませんでした。

ところが、先日 私の知っているカヌレとは違うカヌレに出逢いました。

外側はカチカチではなく、パリッとしていて噛むたびにパリ・パリと心地よい食感で、 内側はパサパサでなくモッチリとしていて全く別の食べ物でした。

この感動を伝えたく総務部員へ話したところ、有名なお店だったらしく、 皆さん知っていました。

やはり、美味しいものを提供しているお店は有名になりますね。

私と同じ理由でカヌレが嫌いと言う方は、1度、『コンクワート』というお店のカヌレを食べてみてください。 好きになるかもしれません。

坂下組について 事業紹介 工事実績 お知らせ 採用情報 社員BLOG 資料ダウンロード お問合せ