社員BLOG

ホーム >  社員BLOG >  財布がない

財布がない

投稿日:2019/07/26

暑いですね…汗でベタベタした腕でキーボードを打ってます(>_<)

あっ!まずはポチっとお願いします。

先日、宮崎に住む息子から連絡があり、スーパーから家に着くまでの間に財布を落としたかもとの事でした。
数日後に交番から連絡があり、無事財布が見つかったのですが、
息子に「これからは気をつけろよ」と偉そうに言ってたら…
先日研修で人吉に行った際に、財布を無くした事に気づき、数時間したたってないのであわてて行動を思い出し、
まさかと思った所にあったので良かったのですが、ついこの前息子に言った手前、恥ずかしくなりました(>_<)

なので、今回は財布を無くした場合にどうするべきか、あるHPから抜粋してみました。

1.来た道を探す
まずは最後に財布を確認した後から財布を無くすまで、自分が辿った道を探してみましょう。
運良く見つかれば最高ですし、最悪現金が抜かれていたとしても免許証などが戻ると今後が楽です。

2.ありそうな場所・公共交通機関に電話
財布を落とした可能性が高い場所、お店やバス・電車・タクシーなどの交通機関に電話で財布の落とし物が届いてないか確認してみましょう。
落としてすぐに電話して「届いてない」と言われても、まだ諦めてはいけません。
時間差で見つかったり届いたりする場合もあるので、当日の夜や翌日の朝などにも電話してみましょう。

3.警察に届けを出す
路上で財布を落としていた場合は、警察に届けられます。
近くの交番か警察署へ行って、遺失届(紛失届)を提出しましょう。
「財布を無くしました」といえば案内・手続きをしてくれます。
その後見つかった場合は、警察への連絡が必要です。

4.クレジットカード会社に連絡する
財布に入っていたクレジットカード会社に、カードを無くした事を連絡しましょう。
電話番号は「VISA 紛失」などで検索すればすぐに出てきます。
まずはクレジットカードの不正利用がないか確認して、現在のカードを停止・再発行を依頼することになります。

皆さんも上記の事は分かってると思いますが、いざ自分の身にふりかかると一時真っ白になるものです。(少なくともK水樽はそうでした)

財布にGPSがついてれば…と思ってしまいました。
皆さんも気を付けて下さいm(__)m

坂下組について 事業紹介 工事実績 お知らせ 採用情報 社員BLOG 資料ダウンロード お問合せ