社員BLOG

ホーム >  社員BLOG >  冷え症対策

冷え症対策

投稿日:2021/01/13

11月にビオラの茎を切り、それを土に挿して苗を増やす「挿し芽」に挑戦していたのですが、昨日、そっと土から苗を抜いてみたら、しっかりと根が生えていました。

これを鉢に移し、ここからグンと苗を大きくしていきます。寒いので枯れないか心配ですが、頑張って大きくしていきたいです。


今日も元気にポチッとお願いします!

さて毎日寒い日が続きますが、皆さんそれぞれの寒さ対策があるかと思います。
私の場合は、重ね着をしたり、椅子に座る際はひざ掛けをしたり、足元が一番冷えるので、タイツの上から厚手の靴下とモコモコのスリッパを履いたりと色々とやっているのですが、その中でも毎年かかすことの出来ないものが貼るカイロです。
貼るカイロと言えば、部分的に温めるだけのように感じますが、実は貼る場所によって、体の温まり方が全く違ってきますので、いくつかご紹介します。

首・・・太い血管があるため、首を温めることで全身が効率よく温まります。
首を前に曲げた時に、首と背中の間に骨が飛び出しているところがあります。ここには「大椎(だいつい)」という全身を温めるツボになります。

お腹・・・全身が冷える時、おへそより指2本分下にある「気海(きかい)」というツボを温めるのが効果的です。毎日温めることで、常にコンディションが安定して、元気に過ごせる魔法のツボと言われています。

腰・・・腰は、冷えによる不調を感じやすい場所です。おへその真裏には「命門(めいもん)」というツボ、そこから指2本分外側には「腎兪(じんゆ)」というツボがあります。この辺りをカバーするようにカイロを貼ると、腰全体を温めることができます。

私はお腹(おへその下)に貼っています。もちろん頭のてっぺんからつま先まで全てが温まると言うことではありませんが、お腹を中心にじんわりと体全体が温かくなり、血流が良くなっていくのが分かります。

『冷えは万病のもと』とも言いますし、自分なりに冷え症対策をして、寒い冬を乗り切りたいですね!

坂下組について 事業紹介 工事実績 お知らせ 採用情報 社員BLOG 資料ダウンロード お問合せ