社員BLOG

ホーム >  社員BLOG >  ラーメンの麺の硬さ

ラーメンの麺の硬さ

投稿日:2021/01/18

皆さんは、お好みの麺の硬さはありますか?

 

 

先日、あるラーメン店に入った時の話です。

店に入った時間が中途半端な時間帯だった為、店内には私しかいませんでした。

その後、別のお客さんが来店し、ラーメンを頼む際、麺の硬さを「ミディアムで」

と言い、店員さんも「ミディアムですね」と復唱していました。

一瞬『ミディアム』!?と思いましたが、きっと常連さんで、

いつもの頼み方だろうと気にしないようにしてラーメンに集中しました。

 

この件を機に麺の硬さに詳しくなりましたので、ご紹介します。

 

『バリ柔(やわ)』『ズンダレ』: コシがなくなるまで茹でた状態です。

*〈バリ〉は博多弁で〈すごく〉という意味です。

 

『やわ』『柔らかめ』: 茹で上がったところから更に茹でた状態です。

 

『普通』: もっともオーソドックスな硬さです。何も言わなければ、ほぼこの状態です。

 

『カタ』『カタメン』『硬め』: 少し芯が残った状態で歯ごたえがあります。

 

『バリカタ』: 歯ごたえが強く、人気の硬さです。

*店舗によっては『バリカタ』が提供している最大限の硬さということもよくあります。

 

『ハリガネ』: 噛むと芯を感じ、小麦粉の感覚が強いです。

*このあたりからお腹を壊す人もいるので注意しましょう。

 

『粉落とし』: かなり硬くほぼ生麺です。

*麺の表面についている打ち粉を落とすだけという意味から、その名前が付きました。

 

 

以前、『粉落とし』という言葉を知ってすぐに、通ぶって『粉落とし』を頼んでみましたが、

ほぼ生でかなり硬く、とても食べられたものではなかったです。(個人的な感想です。)

ラーメンは、よくスープが命と言われますが、麺もかなり大事ですね

坂下組について 事業紹介 工事実績 お知らせ 採用情報 社員BLOG 資料ダウンロード お問合せ