社員BLOG

ホーム >  社員BLOG >  スマホ老眼

スマホ老眼

投稿日:2020/06/10

今週はずっと雨だと思っていたのに、日向市は1日中、青空が広がっていました。

青空は気持ちがいいですね、


あっ!まずはポチっとお願いします。

10代から目が悪く、外ではコンタクトレンズ、家ではメガネを使用しているのですが、最近文字がかすむ時があります。

そんな私と同じ症状がある方!その原因は、最近20代〜30代の間で増えている『スマホ老眼』かもしれません。 現代病の一つと言われるスマホ老眼とは、近い距離を見続けている内に、目がそれに順応しようとして、 一時的に近視化することを言います。

主な症状として、「手元の文字が見づらい」「近くのものにピントが合わず、視界がぼやける」 と言うような症状があります。(うーん、当てはまる。。)

特にスマートフォンは、パソコンよりも小さな画面の小さな文字を、パソコンよりもずっと近い距離で 凝視することによって目の負担が大きくなるとされています。
パソコンやスマートフォン、タブレットを使わない。と言うことは今の時代、とても難しいことかもしれませんが、 目を酷使しない為に日頃からできることはあります。

〇パソコンやスマートフォンで作業する際は定期的に休憩する。
(作業を1時間続けたら10〜15分休憩し、遠くを眺めましょう)
〇スマートフォンなどを利用する際は、目との距離を40?以上とりましょう。
〇疲れを感じたら目の周りを温めましょう。
〇意識的に瞬きをし、目の乾燥を防ぎましょう。
〇目薬を活用し、目の緊張を和らげましょう。

また目だけでなく、パソコンやスマートフォンを長時間活用すると、背中や肩が丸くなり、猫背の原因にも なってしまいます。 目を休ませると同時にストレッチをして、身体の緊張を和らげてあげてください。

つい時間があると、無意識にスマートフォンに手が伸びてしまうのですが、これからは、一回に見るスマートフォンの 時間を減らすなど意識的に使用できればと思います。

坂下組について 事業紹介 工事実績 お知らせ 採用情報 社員BLOG 資料ダウンロード お問合せ